上級編

とにかくタフなトレイルで鍛えたい方、大会前に調整したい方、自主練用のマニアックな道を開拓してみたい方など、さまざまな方のご参加をお待ちしています。上級編コースについては小松市を離れ、白山を初め県内外の有名スポットを巡るようなチャレンジングなコースを予定しています!ご期待ください!

 
 

 

蓮如山~鷹落山~動山~往復縦走コース

初・中級コースでは縦走コースとして蓮如山~動山の片道縦走コースをご紹介しましたが、上級編ではそのコースの往復縦走でさらに鍛えます。したがって走行距離も累積標高も、初・中級コースの単純に倍となります(工程約17km:累積標高約1,300m)上級編の最初のトレイルとしては比較的走りやすいコースかなと思います。

富士写が岳縦走コース(我谷吊橋~枯淵口)

小松市を離れ、加賀市山中温泉にほど近い富士写が岳の縦走トレイルです。加賀三名山の一つにも数えらえれる富士写が岳を我谷吊橋方面から登頂→山頂→枯淵登山口へ下山する縦走ルートとなります(工程約10km:累積標高約930m)トレイル自体の総工程は約6kmなのでほぼ登山と変わらない累積標高ですね!初・中級コースまでであったような走りやすいトレイルの割合が少なくなりますので、富士写が岳は完全に登り、下り練習のためのルートと心得ておいてください。ただし本ルートは「OSJ山中温泉トレイル80km」のコースの一部でもあり、大会前の下見や調整にはうってつけの練習コースです!

白山(仏峠~赤兎山~小原峠)

百名山の一つ赤兎山を目指すトレイルです。市ノ瀬ビジターセンター手前から川沿いに進んだ寂しげな駐車場を起点にスタート、林道は狭く、倒木も多数で決して整備されているとはいえませんが割と走れる区間は多数です。マニアックなルートなのでハイカーもほぼ皆無、かつフルトレイルになるためかなりメンタルが鍛えられます!走行距離15km程度で累積標高が1,000m以上(赤兎山山頂は1,629m)に達する、それなりに厳しいコースです。ジャングル感満載でタフなコースなので、大会前の調整などにいかがでしょうか。お待ちしております!