【トレラン】中能登町・石動山~桝形山~碁石が峰(修験道の道)開拓記②

皆様

先日の中能登開拓記も今回が二回目。『中能登トレジャートレイル』でもだんだんと認知が高まりつつある「石動山~桝形山~碁石が峰(修験道の道)」の開拓レポート・第二段になります!

結論から申し上げますと、以下2点が決定しました!!

「石動山~桝形山~修験の道入口」までのコースは省略(理由:コンディションがあまり良くない+ロードが単調で長いため、イベントとしてはつまらないと判断)

難易度は「中上級コース」として、中級以上の方には幅広く参加いただけるように設定

いよいよ、当塾の「弱点」でもあった県北地域のトレラン講習会・第一回を今月下旬~来月上旬にセッティングしたいと思います。このコースの一部は富山県・氷見市の県境とも接するルートを通過しますから、それくらい富山県にも近い!ですから県北にお住まいの方や富山方面にお住いの方は是非一度お越しください!

さて、先日も申し上げた通りこのコースは『中能登トレジャートレイル』の中盤で使われるコースの一部をいいとこどりしたルートになります。結局は修験の道・往復ルートで走行距離は約17キロ弱、累積が1,500m弱と、中級トレランコースとしてはそれなりに距離も累積もしっかり稼ぐ、鍛えがいのあるコースです。そして大会のコースの一部を試走できる、何ともおいしい講習会です。

スタート・ゴールはこの「修験の道」の看板が目印になります。先日と代り映えのない写真ではありますが・・・この日はとにかく天気が良かった(^^)

昨日は懐かしさ半分、そして休み明け初日のランだったため足取りも軽かったのですが、さすがに初日で30キロ近くトレランした翌日は足が重い・・・やはり2日目は足にきますね。ですが昨日とは違って距離感覚、累積の感覚も知った上でのラン、ほどよくペースを作りながら二日目ランを楽しむことができました。

今回はおおよそのタイム計測もあるため、写真撮影は休憩カ所確認のための必要最低限にとどめ、足早に碁石が峰を目指しました。

いや~しかし本当にこの日は天気が良くて、最高でしたね!「不思議な池」も一層神秘的でした。

そして、今回はランに集中できたのでラン動画も少しご紹介したいと思います↓

そして前回同様、碁石が峰近辺の眺望↓メチャクチャ天気がいいのがお分かりかと思います(^^)

ここまでで約8.5kmのコース、ですから折り返すと16~17kmくらいで講習会コースとしてはちょうどよい長さなのです。そして累積もおおよそ1,500m程度。この碁石が峰自体の標高は500mにも満たないいわゆる低山で、かつスタート地点の海抜がすでに350m前後ですから・・・かーなりアップダウンが連続する「楽しい」コースになっております!

こちらのコースも7月下旬の連休か、8月の山の日祝日のスペシャルイベントとして近日中に公開しますのでお楽しみに!ブログでも公開しますのでお気軽にフォローいただければ幸いです。