【英検三級講座】試験直前のパーフェクトまとめ講義(英作文)+リスニング演習~このまま合格まっしぐら!

いかがお過ごしでしょうか?いよいよ英検が来週日曜日に迫ってきましたね!先日21日(金)は試験直前の模擬試験・2回目でした!結果は・・・なんとギリギリ6割、ということで失点のポイントとなった英作文の解説です。

5/21授業
【英検三級講座】模擬試験二回目・解説(英作文)

いよいよ来週末となった英検一次試験!です。私も生徒さんの気合もかなり高まってきました。満を持して実施した模擬試験二回目でしたが、前回同様文法・読解パートではかなり良い感触をつかめたものの、やはりリスニングと英作文で失点が見られました。そこで今回は「英作文の書き方」をおさらいです。

英作文の鉄則はまず「質問文に的確にこたえる」ということ。つまり5W1Hの疑問文にきちんと答える、と言うことですね。これは英検だけでなく高校・大学入試でも共通して言えることです。Who?と聞かれているのであれば「人」を、How?と聞かれているのであれば「手段・方法」を、Which?と聞かれているのであれば選択した方を、それぞれ答えるのが鉄則です。これができていなければ最悪全問不正解になってしまうかもしれませんので要注意です!

まず主張(トピック・センテンス)をバチっと書いたら、次にそのトピックの理由・背景を展開しましょう。英検三級では35words以内、とあるため「10~12wordsの理由を示す短文を2文」書くようにすれば、全体で大体35wordsに収まるでしょう。ですから「10~12wordsの短文」を日ごろから書き慣れるような訓練が必要です。

35wordsと聞くと少し長いな、と思ってしまうかもしれません。ですが書き始める前に文章構成をきちんと練ってから書けば、論点がぶれずかつ字数制限に収まる英文が書けるはずです。

【英検3級講座】授業0521_ダイジェスト_英作文

授業全体の動画はこちらから♪

1次試験までのラストスパートを生徒さんと共に乗り切っていきたいと思います♬