センター試験の英語を解いてみた!点数は・・・

高校入試(公立・私立)と大学入試・センター試験・英語の過去問にチャレンジ!今日はそのうちセンター試験から公開していきたいと思います!

そもそもなぜこんな試みを?と思われるかもしれません。その理由はいくつかありますが、「ホームページでこれだけ偉そうなことを書いておいて、実際あなたはどれくらいすごいの?」という親御様からの厳しい質問に備えるため、というのが最大の理由(笑)私自身も、メディアで偉そうに語る有名予備校の講師が、実際に入試問題を解いたら合格できるの?と長年素朴に思っていました。

そして気になる実際の点数は・・・こちらの証拠写真からご覧ください!

 

まとめるとこんな感じです。 ※R:リーディング L:リスニング(2020年~)

自分の解答用紙を自分で公開するのも、なかなか滑稽で恥ずかしいことではありますが、幸いだったのは思ったほど点数は酷くなかったということ。ちなみに、私が20年近く前に受験した時も英語はやはりこれくらいの点数でした。

おおよそ8割5分~9割前後の出来、個人的にはもう少し得点したかったなと少し悔しいですが、なにせ20年ぶりに解いた問題なので仕方がないといえば仕方がない。20年経った今でもほとんど点数が変わらない、ということはこの20年間何も成長していないということなのか、それとも20年たった今でも現役時代とほぼ変わらない点数をキープできたことを喜ぶべきか・・・うーん、結果的には後者なのですが、気持ちとしてはやはり前者ですかねぇ・・・複雑な心境です。

兎にも角にも、私が解いてみた中で感じた様々なフィードバックポイントを次回以降の投稿で随時お伝えしていきたいと思います。